OSAKAスポーツ大学 シニア運動指導コース”ファンクショナルトレーニング”を受講してきました

昭和40年代・50年代生まれ集まれ!チームまるこNWです。

OSAKAスポーツ大学シニア運動指導コースを受講中のアタシです。
ついに、とうとう最後の1コマとなりました!!
ラストは”ファンクショナルトレーニング
講師は矢野俊彦さん・岸田昌範さんでした。

OSAKAスポーツ大学 シニア運動指導コース ファンクショナルトレーニング

OSAKAスポーツ大学 シニア運動指導コース ファンクショナルトレーニング

ファンクショナルトレーニング
なんだかファンキーな感じですね!!
え??ファンしかからみがありませんね、、、(笑)

さて、

ファンクショナルトレーニング~大きなパワーを生むためのトレーニング法
日常動作に即したトレーニングで、身体のコア部分を鍛えることができるトレーニング法を体験
さらに股関節、肩甲骨の機能改善、全身のトレーニングが一度で行えるViPR(ヴァイパー)を使うトレーニングプログラムも体験

まずは、ファンクショナルという言葉の意味から、、、
機能的な“ということ

人がもつ運動能力を正しく発揮、かつ最小限の力で効率よく!!
求めるのはソコです

ただ、ファンクショナルトレーニングは数値的な効果が目に見える訳ではなく、ゴール設定が難しいという部分もある
ふむ、確かにそうですね

しかしながら、受講してみて
反動を利用してカラダを動かしたり、カラダの固定するところ、稼動させるところの役割分担があるところを意識
カラダのつながりを感じ、筋肉の伸縮を活用し多方面に動く!!

それをファンクショナルというのかー!!
と体感することができました。
もちろんノルディックウォーキングにも繋がる部分を感じましたよ~

今日行ったサーキットトレーニングでは、バリバリ胸椎の回旋ありました。
しっかりと骨盤をロックして、胸椎を回旋するためのエクササイズ
ふむふむです

そして最後はVipr(バイパー)という道具をつかったエクササイズ
アタシははじめて聞くVipr(Vitality Performance Re-conditioning)

ファンクショナルトレーニングの為のツール
Vipr(バイパー)を使い負荷をかけ、体幹を安定させ股関節を使い、肩甲骨の稼動をおこなう
身体全体を強化、鍛える

Vipr(バイパー)を使ったエクササイズのサーキットトレーニングで締めくくりとなりました!!

昨年秋より受講した全12コマは、どの講座もとてもいい勉強になりました
身につけた知識、あとはどう活かすかです!!

興味あるところはもっと掘り下げていきながら、いいことはチームまるこNWイベントでも大いに実践、活用していきたいと思ったのでした(まる)

OSAKAスポーツ大学2016

OSAKAスポーツ大学2016

OSAKAスポーツ大学は大阪発信のスポーツを指導・支えるリーダー養成講座
シニア 運動指導コース「ファンクショナルレーニング」
講師
矢野俊彦さん
健康運動指導士/ライフスポーツKTV天六インストラクター
岸田昌範さん
健康運動指導士/プロスポーツトレーナー協会チーフフィジカルトレーナー/TFC,INC.代表

最後に、、、
10コマほどの講義は、天神橋筋6丁目に通っていました。
駅から通う道に、愛媛酒場 丸富という店がありまして、毎回入ってみたいなー、、、
と思いながら、最後まで入れなかった。それが心残り・・・

愛媛酒場 丸富

1人では、やぱ入れない、、、
まだまだアマちゃんですわ!!
サッポロビール380円!! やすっ☆

関連ブログ:
秋ですしちょっとばっかお勉強しよかなーということで!!OSAKAスポーツ大学
OSAKAスポーツ大学 2コマ目の講義は”シニアの栄養とスポーツ”受講してきました
OSAKAスポーツ大学 3コマ目の講義は”認知機能低下予防”受講してきました
OSAKAスポーツ大学 4コマ目の講義 “転倒防止”を受講してきました
OSAKAスポーツ大学 5コマ目の講義 “姿勢改善”を受講してきました
OSAKAスポーツ大学 6コマ目の講義 “機能改善(失禁防止)”を受講してきました
OSAKAスポーツ大学 シニア運動指導コース”柔軟性向上”を受講してきました
OSAKAスポーツ大学 シニア運動指導コース”身体調整力向上”を受講してきました
OSAKAスポーツ大学 シニア運動指導コース”コンディショニング”を受講してきました
OSAKAスポーツ大学 シニア運動指導コース”バランス力向上”を受講してきました
OSAKAスポーツ大学 シニア運動指導コース”フィジカルトレーニング”を受講してきました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です